フェルトまんだら

2016年12月24日 (土)

フェルトまんだら 「トモコのアドベントカレンダー 2016」 24日




泣いても笑っても今日が最後、

12月24日、

クリスマスイブとなりました。

フィナーレを惜しみつつ

それでは最後の1枚をめくってみましょう。



Dscn4411_640x633



ワッ! これはあのディズニー映画でおなじみ、

カクレクマノミ。

そう、12星座のラストを飾るのは

「魚座」でございます。

ついに24枚全てが裏返った我がアドベントカレンダー、

こんな感じになりました。



Dscn4412_595x640



いやあ。

12月1日までに完成させねばならぬアドベントカレンダー、

そのせいで私、11月後半は

息つくヒマもないほどの忙しさでした。

しかしこうして24全ての札が開いて

色とりどり・よりどりみどり楽しく並んでいるのを見ると

疲れも吹っ飛ぶ気持ち、

我ながら、楽しいですねえ。

いやあ、作ってよかった。ほんとによかった。



Dscn4413_591x640



ちなみに裏側はこんな感じ、

癒やしの木のプリントとなっております。



さあ、今日はクリスマスイブ。

恋人とアツアツ過ごす方も、

仲間とワイワイ楽しむ方も、

(そんなもん、どうでもいい!)晩はラーメンで済ますという方も、

みんながみんな、

温かく楽しい週末を過ごされることを祈っております。

メリー クリスマス。

ボン ナターレ。

どうぞ素敵なクリスマスを。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月23日 (金)

フェルトまんだら 「トモコのアドベントカレンダー 2016」 23日




12月23日。

今日は天皇誕生日ですね。

生前退位問題で今年は大いに世間をお騒がせになられましたが

ま、極論を言えばそんなことはどうでもよい、

陛下が健康で毎日気分良く過ごされることを

一国民として願っております。

天皇陛下、満83歳のお誕生日 おめでとうございます。

さあ目出度い「23」の札、

早速めくってみるとしましょう。



Dscn4409_640x637



え~とこれは・・・、 タコの化け物?

答えはブブー、

実はこれ、「水がめ」。

「山羊座」の次は「水瓶座」だったのです。



実は昨日に引き続き

この「水瓶座」にも面白い神話アリ。

トロイの王子・ガニュメデスは白い肌にバラ色の頬と唇、

それはそれは美しい美少年。

そこへすっかり惚れ込んだのが大神・ゼウスで

彼を手元に連れ帰り、酒宴でお酌を務めさせたというのです。

彼が水瓶を捧げ持つ美しい姿が天へ昇り

水瓶座になったとされていますが

そこで皆様、覚えていますか?

牧羊神・パンの逃げまどう姿に爆笑し星座にしたのも

美少年・ガニュメデスの美しさを讃えるべく星座にしたのも

どちらも犯人は大神・ゼウス。

むむ、ゼウスめ。

奴は悪魔か、神なのか?



Dscn4410_600x640



ちなみにこの水瓶、

ガニュメデスがお酌をするときに用いていたもの。

したがって瓶から永遠にあふれ出るものは

「水」ではなく 「お酒」。



・・・ キャッ、なんて素敵なの!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月22日 (木)

フェルトまんだら 「トモコのアドベントカレンダー 2016」 22日



ジャージャジャーン!

12月も22日となりました。

我が「トモコのアドベントカレンダー 2016」も

残す札はわずか3枚、

それでは「22」をめくってみましょう。





Dscn4404_640x633



ジャージャジャーン!

上半身はどうやらヤギ、そして

下半身はこともあろうに魚ときたもんだ。

一体、な、な、なんだこれは!?

驚きの方も多いことでしょう、

実はこれ、森と羊と羊飼いの神:牧羊神パン。





ギリシャ神話によると

もともと頭部にはヤギの角と尖った耳、上半身は人間、

下半身はヤギという姿だったパン。

彼が仲間の神々とナイル川の岸辺で宴会を開いていると

急に襲い掛かって来たのが怪物・テュフォン、

驚いた神々は素早く変身し逃げてしまいました。

そこでパンも魚に姿を変え川へ飛び込みましたが

慌てていたため水に浸かった部分だけが魚に変わり

上半身はヤギのままという間抜けな姿で

逃げることになったのです。

これを見た神々、

「ワッハハハ!」「おかしい」「マヌケめ」と大爆笑(←薄情だ)、

大神ゼウスまでもが大笑いしてその記念にと

パンの姿を「山羊座」として星空に残したんですって。

というわけで、「射手座」の次は「山羊座」なのです。



そしてこの、

足をティ!と折り曲げどこか呑気な牧羊神・パン、

これは天体図を忠実に型取ったらこのポーズになるのです。

逃げ遅れて皆に笑われるという起源といいポーズといい、

ちょっとマヌケでこっけいな山羊座。

山羊座というと真面目・カタブツ・地味で勤勉な

イメージを持たれがちですが

こういうお茶目な一面もあるのですよ。



何を隠そう12月26日生まれの私、

太陽・水星・金星を山羊座に持つ

かなり重度な山羊座人間。

「A型・山羊座」ということで

ガッチガチの堅物に見られがちですが

派手好きだったり酒を飲んで暴れてみたり、

実はかなりの破天荒。

・・・え、なんですって?

(そんな山羊座はお前だけだ)?

イヤア、そんなことないですて。



Dscn4408_608x640




まさに今日、12月22日からは山羊座の季節。

この生まれということもあり

牧羊神・パンはちょっぴり余計に心をこめて刺繍しました。

尻尾の部分の青いビーズ、

小さすぎて2粒のうち1粒は針が通らないうえに

小さすぎて通しても通しても終わりがない!

12星座中最も時間がかかった札となりました。

その出来栄えには自分でも満足していますが

ウ、ウ、ビーズ・・・

美しいけど恨めしや。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月21日 (水)

フェルトまんだら 「トモコのアドベントカレンダー 2016」 21日



21日。

さあこの「トモコのアドベントカレンダー 2016」も

残すところあと4日、

ラストスパートと参りましょう。

(ウ、ウ・・・ お名残り惜しや)

それでは「21」の札をめくってみますよ。



Dscn4406_640x635



オッ、今日の絵は「弓と矢」。

そうです、「蠍座」の次は「射手座」でございます。



19日の「てんびん」同様

なんとまあ、これも愛想のないイラスト。

あまりにもあっけないので

今日はここでひとつウラ話を。



実は昨日のサソリに引き続きイラストの参考にしたのが

藤子・F・不二雄先生のマンガ史を飾る名作:

「ドラえもん」。

この弓と矢はコミックス3巻: 「ああ、好き、好き、好き!」に

登場しますが

私・トモコ個人的にはこの「ああ、好き、好き、好き!」と

7巻: 「好きでたまらニャい」、

12巻: 「あいあいパラソル」は

ドラえもんにおける「好き好き」三大名作。

どのお話も のび太・ドラえもんの

(好きなあの子と仲良くなりたい!)思いが溢れ返っていて

なんとも (カ~ワイイ!)のです。

このお話たち、

現代のマセて醒めた子供たちより

トキメキを忘れてしまった大人の方がぐっとくるかもしれないなあ。

よかったらどうぞお試しください。



Dscn4407_599x640



(・・・ああ、寂しい。

残る数字もたった3つになってしまいましたね)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月20日 (火)

フェルトまんだら 「トモコのアドベントカレンダー 2016」 20日



12月も20日ですって!

子供のころは毎月20日が小づかい日だった我が家、

この日を待ち望んでいたものですが

今はなんの楽しみもないなあ。

・・・おっとおっと、24日までの毎朝のお楽しみ、

「アドベントカレンダーをめくる」をすっかり忘れていましたよ!

それでは早速めくってみましょう。



Dscn4402_640x636



ガーン、ショック!

「サソリ」とは!

そう、「天秤座」の次は「蠍座」でした。



それにしても。

サソリだなんてテレビでしか見たことのない私。

(できれば一生お目にかかりたくないもんだ)

イラストを描くにあたりネットで画像を検索したところ

出るわ出るわ、

尻尾をピンと上げいかにも毒々しいサソリの数々。

(オエ~) 触るのもおぞましく

もう少し刺激の弱い画像はないかいな、と

マンガを当たってみることにしました。

予感は的中、ほどなく サソリの絵を見つけられたのが

ドラえもん 13巻:「オーバー オーバー」の中。

お話は、

(ハラハラドキドキするような大冒険をしてみたい)ぼやいていると

あらゆる出来事をオーバーに感じさせる

「オーバーオーバー」なる上着を着せられたのび太。

そこへなんと現れたのはサソリ、

ペシッとハエたたきでやっつけたドラえもんに感心したものの

オーバーを脱いでみるとそれは

ただのゴキブリだったのでした・・・ということでしたが



サソリでもゴキブリでも大差ない、

ワ~ どっちもイヤだあ!



Dscn4403_607x640





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月19日 (月)

フェルトまんだら 「トモコのアドベントカレンダー 2016」 19日


19日ですね。

さあ、今日の札をめくってみましょう。

「19」は、と・・・



Dscn4400_640x639




ありゃ。「てんびん」。

そう、「乙女座」の次は「天秤座」なのです。



それにしても、

前半の十二支から動物、もしくは人物で続けてきた

この「トモコのアドベントカレンダー 2016」、

ここへきていきなり「はかり」とは。

十二星座順ゆえ仕方がないとはいえ

絵も無機質でなんだかつまらないですね。

ワ~ すまぬすまぬ。

これに懲りずに明日もどうぞ見て下さいよう!



Dscn4401_592x640




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月18日 (日)

フェルトまんだら 「トモコのアドベントカレンダー 2016」 18日




12月18日です。

「トモコのアドベントカレンダー 2016」、

後半は12星座の絵を順番にお届けしていますが

さあ獅子座の次はどの星座?

さっそくめくってみましょうね。



Dscn4398_623x640



まあ これは。

愛らしくって甘くって、ちょっぴり小悪魔的な感もある

まさに 「乙女」じゃありませんか。

ハイ、獅子座の次は乙女座でしたー。



「乙女」のイラストといえば、まず脳裏に浮かんだのは

アラフォー世代にはおなじみの

「夏休み子供まんが劇場」で毎日見ていた

「THE♥かぼちゃワイン」のエルちゃん。

♪エル エル エルはLOVEのエル・・・

中学生の分際で、

大好きな春助くんにぴったり寄り添い女房気取りなんて

まさに無垢な乙女の為せるわざ。

エルちゃんを超える乙女なし!

よしよし、彼女を乙女座の絵に採用しようと一度は思いましたが

イヤイヤ、そんな我ら世代しか分からぬ

30年前のアニメの絵をアップすれば

ただでさえ閲覧者の少ない我がブログ、

こりゃ本格的に社会から抹殺されかねんと

これを断念。

代わりに思いついたのがあの、

歌いながらアクリルボードに絵を描く 「亜土ちゃん」の

イラストだったというわけでした。

(↑ムム、これも古いゾ!)



キャスケットにサロペット、

ジャズを口ずさみながら絵を描くスタイルを

’70年代から続けている亜土ちゃんこと水森 亜土さん。

もう40年にもなるのに

その画風・スタイルは現在でも全く色褪せてない!

カワイイ絵を描くカワイイ亜土ちゃん、

でもその生き方は本当にカッコイイのです。



Dscn4399_586x640





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月17日 (土)

フェルトまんだら 「トモコのアドベントカレンダー 2016」 17日



17日となりました。

クリスマスイブまであと一週間、

2013年も14年にも同じことを書いた記憶がありますが

まさに今日のことを唄った

クレイジーケンバンドの不朽の名曲:

「12月17日」はアルバム「GALAXY」に収められています。

CDでもダウンロードでも、どうぞお聴きなさいませ。

女性の皆さん、剣さんの美声に子宮がとろけますよ。



おっとおっと。

またまた話が脱線しました。

さあ、今日の札はコチラです。



Dscn4396_640x639



百獣の王:ライオン。

そうです、蟹座の次は獅子座でした。

威風堂々、辺りを払うその姿に迫力、

ライオンって格好良いイメージしかありませんが

じつはその肌をなでるとものすごく臭いんですってね。



・・・あ、イメージ崩れちゃいました?



Dscn4397_590x640






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月16日 (金)

フェルトまんだら 「トモコのアドベントカレンダー 2016」 16日


さあさあ。

13日からの後半は12星座の絵だとばれてしまった

「トモコのアドベントカレンダー 2016」。

しかしながら。

小っちゃな子供でも

(ね・うし・とら・う・たつ・み・うま・ひつじ・さる・とり・いぬ・い)と

おまじない感覚で唱えられる十二支とは違って

よほどの占い好きでもない限り

12の名前と順序など覚えていない星座。

後半こそは

(今日はどんな絵かな?)

少しはクイズ感覚で楽しんでもらえることを期待しております。

さあさあ。前置きが長くなりました。

「16」の札、ひっくり返してみましょうか。



Dscn4394_640x632




ワオ! これこそ赤と緑のクリスマスカラー。

今日の絵は「カニ」、

そう、ふたご座の次は蟹座なんです。



私事ではありますが

父母ともに鳥取出身、自身も鳥取生まれ、

山陰に深い縁を持つ私にとって

「カニ」といえばなんといっても「松葉ガニ」。

(ズワイガニのことを山陰ではこう呼びます。

これが福井に行くと「越前ガニ」に変身するんだな)

あの立派な甲羅、長い手足、上品なお味、

松葉ガニこそがカニの女王だと信じて疑わぬ山陰人、

もちろんこの16日の絵にも松葉ガニを採用したかったのですが

念のため 「蟹座」の星の配置を調べてみると

あのハサミがでかくコロンとしたマッドクラブ、

すなわち「泥ガニ」のフォルムそっくり!

(お遊びのカレンダーとはいえ、

やはりここは天体図に従うべきかなあ・・・)

しぶしぶマッドクラブの画像を印刷し刺繍しましたが

不本意なこと、この上なし。



・・・だって、「泥ガニ」て!



Dscn4395_600x640
















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月15日 (木)

フェルトまんだら 「トモコのアドベントカレンダー 2016」 15日


15日。

師走も早や前半が終了してしまいました。

さて後半に突入した我が

「トモコのアドベントカレンダー 2016」、

今日の札を早速めくってみましょう。



Dscn4392_640x636



ワッ、これはなつかしい!

サンリオのキャラクター「Little  Twin  Stars」の

キキララではありませんか!



みなさま、ご存じでしたか?

この「ゆめ星雲おもいやり星」生まれの

双子のきょうだい星:キキとララ、

彼らが立派に輝く星になるために

地球へやってきたことを。

そして現在は雲の上にたっている

フワフワモコモコの雲のおうちに住んでいることを。



おっとここで。

後半開始から3日め、

今日までの札をおさらいしてみましょうね。

まず13日めは牡羊、

14日はオスの牛、

そして今日が双子。

すなわち牡羊→牡牛→双子・・・

そうです、乙女のあなたならもうお分かりでしょう。

後半12日は12星座の絵。

牡羊座、牡牛座、双子座と順番に

毎日お届けしたいと思います。



Dscn4393_596x640



それにしても。

「双子」と聞いてすぐに思いついたなつかしの「キキララ」、

双子だということはおぼろげに覚えていましたが

彼らが双子のきょうだい星だったなんて

まさにこの「双子座」を飾るイラストに打ってつけ。

(トモコ えらい!)思わず自分で自分を褒めてやりましたが

後でよくよく調べてみるとこの二人

誕生日は12月24日、

すなわちクリスマスイブ生まれ。

ということは星座は山羊座。



・・・な~んだ、双子座じゃ ないじゃん!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧