« フェルトまんだら 「ドキッ!波瀾だらけの欧州旅行~イタリア編~」 その2 | トップページ | フェルトまんだら 「ドキッ!波瀾だらけの欧州旅行~イタリア編~」 その4前哨戦 »

2017年8月17日 (木)

フェルトまんだら 「ドキッ!波瀾だらけの欧州旅行~イタリア編~」 その3

さあさあさあ。

はるばる来たぜバッサーノ、

待ってました昼食タイム!

(ホワイトアスパラを食べるためだけに

バッサーノ・デル・グラッパへ行きたい)と言うと

聞く人々は100パーセント

(チェッ、ブルジョアめ)

(イタリアかぶれのグルマンめ) 呆れ顔をなさいますが

この生まれも育ちも貧しい私、

決してブルジョアでもグルマンでもございません。

その証拠に

「ラーメンを食べる為だけに札幌へ行く」などという暴挙は

一度もしたことがないし、これからするつもりも毛頭なし。

それがなぜ北海道よりはるか遠いイタリアへ行くのと

問われればこれはもう、

「白アスパラにはそれだけの価値がある」としか

答えようがないんですねえ。



バッサーノの白アスパラは太鼓のばちを彷彿させ

太さ・長さ・白さ、三拍子揃い貫禄充分、威風堂々。

立派な「主菜」として供されます。

川沿いの風雅なレストランで私が頼んだのは

白アスパラのタリアテッレ クリームソース

白アスパラと生ハム 卵の黄身ソース

これでもかのアスパラ尽くし。

20年間待ちに待ったその味は

(頼む、このまま時よ止まれ!)

旨さのあまり宙へ飛び出した魂が現実に帰るのを拒むような

時と空間を超越した味覚でした。



ああ、もう思い残すことは何もない。

重い腹をさすりつつほろ酔いでふうらふうらと散歩するのに

バッサーノは最適の町です。

ブレンタ川の渓流の眺めをしばし楽しめば

おや、橋のふもとになんとも雰囲気ある酒屋。

こちら1779年創業のNARDINI(ナルディーニ)、

蒸留酒専門店です。

細長い店内でも飲めるし、お土産も購入可、

ラベルが可愛いACQUA di CEDROを試してみると

(シトロンを使用したグラッパベースの甘いリキュール)、

おお こりゃ滝がノドを洗い流すかのような

爽やかな刺激、

食後酒にピッタリです。




ほかバッサーノ・デル・グラッパのお土産といえば

地名の一部にもなっている

これまた蒸留酒のグラッパに

山あいの町とありキノコの王様・ポルチーニ茸を干したもの。

(店には他に〈SHIITAKE〉なる茸も売られていました。

・・・エッ、しいたけ!?)

さらに私が土産物店で見つけたのは

「ペンネ アッラビアータ」ならぬ

「ペンナ アッラビアータ」。

ペンナとはイタリア語でペンのこと。

なんとこれ、ペンの形をした容器に粉末とうがらしが入っており

どこにでも携帯できる激辛好きにはたまらぬ一品。

ネーミングにも脱帽、つい買っちゃいました。





Dscn4929_640x610





満ち足りた気持ちで再びヴェネツィアへ。

空にはまあるいお月様。

奇しくもこの夜は満月、

「ヴェネツィアで過ごす満月の夜」なんて

ロマンチックにもほどがある!

エ~イ こうなったらロマンの追加だ、ロマンを極めてやると

鼻息荒く赴いたのは(←ロマンとはほど遠い)

酒呑みの憧れ 「ハリーズバー」 でした。




創業1931年、

カクテル「ベリーニ」発祥の地、文豪ヘミングウェイにも愛された

世界的に有名なこのバーは

窓枠に店名の看板が打ちつけられ中の様子が伺えず

高級感は特になし、

しかしにじみ出るそのオーラ。

二、三度ドアの前で躊躇した後 心を決め中へ入ると

入り口すぐの2メートルほどのカウンターにレジとバーテン、

そこへ蛾のように群がる男と女。

決して広くない店内にはテーブル席もあるものの

座った途端にチャージを取られてしまう、

私も含め安くあげたい観光客は

カウンターを二重三重に取り囲み

斜に構えて酒を舐めるしかないのです。

あ~あ、疲れた。

(ちなみにハリーズバー御用達のシャンパンは

ルイ・ロデレールのマグナム瓶。

旨かった? ・・・エエ、たぶん。)






Dscn4922_498x640




同じ日の朝、

(ヴェネツィアで道に迷わぬ秘策)を編み出し

得意満面だった私も

夜には水上バスを何度も乗り違え

一向に駅にたどり着けず顔面蒼白。

あああ、さすが人の心を惑わすヴェネツィア、

一枚も二枚も上手でした。

深夜12時に出る夜行列車を待つ40分間

駅前広場で運河の上に輝くお月様を愛でつつ飲んだ

名もなき小瓶の白ワイン、

ああ、シャンパンより よっぽどうまかった。

|

« フェルトまんだら 「ドキッ!波瀾だらけの欧州旅行~イタリア編~」 その2 | トップページ | フェルトまんだら 「ドキッ!波瀾だらけの欧州旅行~イタリア編~」 その4前哨戦 »

フェルトまんだら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1631345/71441207

この記事へのトラックバック一覧です: フェルトまんだら 「ドキッ!波瀾だらけの欧州旅行~イタリア編~」 その3:

« フェルトまんだら 「ドキッ!波瀾だらけの欧州旅行~イタリア編~」 その2 | トップページ | フェルトまんだら 「ドキッ!波瀾だらけの欧州旅行~イタリア編~」 その4前哨戦 »