« フェルト作品 「チェスティバル!」 前編 | トップページ | フェルト作品 「和の年賀状 4部作」 前編 »

2016年10月31日 (月)

フェルト作品 「チェスティバル!」 後編





どうも どうも。

勿体ぶって終わった昨日の前編。

さあ、気になる箱の中身は・・・!?



Dscn4341_640x382





ジャジャーン!

フェルト製 「チェスセット」でした!



毎年恒例、

ハロウィンの日に生まれた甥っ子・こうたの誕生日会。

こうたが興味を持ち気に入ってくれそうなものをと

毎年うんうん悩み、力を尽くしてこしらえた

得意のフェルトおもちゃを持参するのでありますが、

残念なことに本人に喜ばれた試しなし。

(ウ~ム、今年こそは!)

闘志に燃え贈り物を思案する伯母・トモコの耳に

届いた朗報、

それは以前からパソコンのチェスゲームに熱中していたこうた、

なんと現在 好きが高じて

大阪のチェス教室に通っているというではありませんか。

(よっしゃ。これや!)

往年のあばれはっちゃく並みにひらめいちゃった私、

すぐさまチェスについて調べ上げ制作開始、

円錐の展開図や慣れない羊毛フェルトと格闘した結果

誕生日会の前夜ようやく完成した

満を持しての「こうたチェスセット」なのです。



Dscn4338_640x352_2






知ってました?

チェスとは、6種類の駒を使って敵のキングを追い詰めるゲーム。

せっかくの伯母の、フェルト作家の、私の手作りなんですもの、

普通にフェルトで駒を作っただけじゃつまらない。

というわけで「キング」「クイーン」「ルーク」3種の駒を

我ら一族の顔にしてみました。




Dscn4339_640x480






ジャーン。 こちらは白、正義の甥っ子一家。

ちなみに2つづつある駒は

「ルーク」と「ビショップ」2種類なのですが、

ゲームの終盤で力を発揮する

「大器晩成」型だというルークの方をこうたに採用しました。

なんだかその方が目出度いではないですか。




Dscn4340_640x480




対するは黒。 悪魔の我が岡村家。

のんきなものですな。





ひらめき1秒、制作日数 2週間。

大いに手こずった「こうたチェスセット」。

フェルトで作った駒はポワポワと安定せず

遊びにくいかもしれない。

それ以前にゲームやレゴに夢中のこうたには

見向きもしてもらえないかもしれない。

ただ世界中どこを探しても

こんなに愛情こもったチェスの駒はない。

いつかこうたが

それを誇りに思ってくれたらいいなあと思います。




|

« フェルト作品 「チェスティバル!」 前編 | トップページ | フェルト作品 「和の年賀状 4部作」 前編 »

フェルト作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1631345/68169548

この記事へのトラックバック一覧です: フェルト作品 「チェスティバル!」 後編:

« フェルト作品 「チェスティバル!」 前編 | トップページ | フェルト作品 「和の年賀状 4部作」 前編 »