« フェルトはん 「ザ・猫」 | トップページ | フェルトはん 「ザ・キノコ」 »

2016年2月23日 (火)

フェルトはん 「ザ・犬」

昨日の猫に続きまして、

本日は 「犬」。

しかし気高くしなやかなイメージが主流の猫に引きかえ

犬は柴犬、コリー、チワワ、ハスキー、ダックスフンド・・・

種類によって容姿も性格も著しく異なる。

それを十把ひとからげに「ザ・犬」だなんて

トモコめ、ちょっと乱暴すぎるんじゃないの?




・・・お怒りはごもっとも。

でもその人物を一目見て

(アッ、犬!)と思ってしまった自分の気持ちに嘘はつけない、

文句は後で聞きましょう。

私の選んだ犬の中の犬、「ザ・犬」はこの方です!





Dscn3877_634x640




な、な、なんと。

狂言師の野村 萬斎さん。

お父上は人間国宝の野村 万作、

歴史ある伝統芸能を受け継ぐやんごとなきお方を

言うにことかいて「犬」とは!

畏れ多い、控えおろう!




・・・ワ~、やっぱり怒られた。

でもこのキュッと上がった口角、落ち着き払った態度、

私には賢い犬にしか見えんのじゃあ。

ワ~、許してつかんせえ。




*無礼ついでに申し上げると

 愚か者・トモコが選ぶ「ザ・犬」シリーズ、

 「ザ・土佐犬」は春日野部屋の栃煌山関、

 「ザ・柴犬」は小堺 一機の息子・翔太、

 「ザ・ヘアレスドッグ」はお笑いコンビ・アインシュタインの稲田、

 犬種は枚挙にいとまなし。

 フェルトはん 「ザ・犬」シリーズ、いつかやろうかな・・・。

 

|

« フェルトはん 「ザ・猫」 | トップページ | フェルトはん 「ザ・キノコ」 »

フェルトはん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1631345/64028297

この記事へのトラックバック一覧です: フェルトはん 「ザ・犬」:

« フェルトはん 「ザ・猫」 | トップページ | フェルトはん 「ザ・キノコ」 »