« フェルトまんだら 「富世ばあばん」 その4 | トップページ | フェルトまんだら 「富世ばあばん」 その5 »

2014年9月29日 (月)

フェルトはん 「下剋上・逸ノ城」

大相撲秋場所。

千秋楽を迎えてみると

賜杯を抱き満面の笑みは横綱・白鵬。

歴代2位、千代の富士と並ぶ31回目の優勝という快挙にも

(なあんだ、またか) 見飽きたという印象。

しかし今場所、結果はいつも通りでも

(ひょっとしたら、ひょっとするかも)

最後の最後まで私達観客はハラハラドキドキ、

楽しませてもらいました。

その立役者がご存じ新入幕・逸ノ城。



Dscn2793_640x480



「末恐ろしい」とその才能は以前から騒がれていましたが、

まさかここまでやるとは。

100年ぶりの新入幕優勝こそなりませんでしたが

一横綱二大関を破っての敢闘賞・殊勲賞受賞。

人気・注目度もうなぎ上りですっかり

「ゲルのモンスター」 ニックネームが定着してしまいました。




それにしても。

「先見の明なし」「青田買いの才能なし」自他ともに認める

私・トモコ、

こと逸ノ城にいたっては鳥取城北高校出身ということもあり

デビュー当時から気にかけ

今場所前もフェルトはん「オボロコンブ?イチンノロブ!」で

ちゃあんと取り上げていたのだ。

どうだ 参ったか。ウワハハ。

私の見る目も捨てたもんじゃないぞ。ガハハ。

ここぞとばかり天狗になっておったのですが、

角界入りからあれだけニュースで騒がれた怪物・イチンノロブ、

注目するのは好角家なら当たり前っちゃあ当たり前。

「名・青田バイヤー」への道はまだまだ遠いですなあ。グスン。




* 今回のフェルトはん、

  大金星を上げた逸ノ城にふさわしく

  ラメ入りの黄金色を使用したのですが、

  画面でおわかりいただけるでしょうか?

  実物は光の加減でキラキラ光ってとってもキレイなんですよ。

|

« フェルトまんだら 「富世ばあばん」 その4 | トップページ | フェルトまんだら 「富世ばあばん」 その5 »

フェルトはん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1631345/57527525

この記事へのトラックバック一覧です: フェルトはん 「下剋上・逸ノ城」:

« フェルトまんだら 「富世ばあばん」 その4 | トップページ | フェルトまんだら 「富世ばあばん」 その5 »