« フェルトはん 「圭ソツ」 | トップページ | フェルトまんだら 「富世ばあばん」 その1 »

2014年9月12日 (金)

フェルトはん 「拝啓」

先日。

郵便ポストの前を通りかかりますと

その前に陣取っていたのは

知的障害者とおぼしき2~30代の男性。

何やら声高々と読み上げられておられるので

つい耳をそばだてると・・・



「・・・おおたプロ。 まつむらくにひろさま。

ゼロゼロゼロヨン、とうきょうと しんじゅくく・・・」



事もあろうにファンレター!

しかもあの 「バウバウ」 松村 邦洋あて!

男性は朗々と宛名・住所を読み上げ満足気、

次はビリビリと せっかくの封を破り

中の文面まで朗読しかねん勢いでしたが、

あんまり観察しすぎてイチャモンつけられても困ると思い

興味しんしんながらも私、その場を去りました。




さりげなく歩きつつ、頭の中は彼への疑問でいっぱい。

一体、松村 邦弘のどこに魅かれたのか。

どうしてファンレターを出そうと思ったのか。

どうやって所属プロの住所を調べたのか。

いや、そもそもそのファンレターは本物なのか、

歌舞伎「勧進帳」の弁慶よろしく

白紙の封筒を読んでいるフリをしてるんじゃないのか。

(だとしたら、彼は天才だ!)

疑問に次ぐ疑問。興味に次ぐ興味。

彼のしたためたファンレターは本当に

太田プロ・松村氏の元に届くのか!?

エンドレス・私の妄想、最終的には

ファンレターを読み喜んだ松村氏、

送り主の彼が通う養護施設のメンバーご一行を

太田プロ主催のイベントへご招待なる

ハッピーエンドにたどり着きましたが

ハテサテ、現実はいかに・・・!?



Dscn2776_640x480



ここまで書いてきてふと思いついたのですが、

今や世界の果てまで日本人居住者を追っかけるのが

テレビ界の常識。

ならば今度は、

< 「ファンレター」 の行方を

ポストに投函するところから宛先人が受け取り、

さらにその先の展開まで追っかける>

というのはどうでしょうか。

宛先人は

ジャニーズから歌舞伎役者、スポーツ・競馬・競輪選手、

さらには全くの一般人までジャンル問わず。

(どうせ売れっ子のアイドルは、

ファンレターなんて読みっこないんだ)

暗黙の常識なるこの一説も、果たして本当や否や!?

う~ん、こりゃ面白い!

どっかの深夜番組でやってくれないものかなあ。

|

« フェルトはん 「圭ソツ」 | トップページ | フェルトまんだら 「富世ばあばん」 その1 »

フェルトはん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1631345/57333800

この記事へのトラックバック一覧です: フェルトはん 「拝啓」:

« フェルトはん 「圭ソツ」 | トップページ | フェルトまんだら 「富世ばあばん」 その1 »