« フェルトはん 「はじめての エフワン」 | トップページ | フェルトはん 「はじめての そうめん ふたたび」 »

2014年6月29日 (日)

フェルトはん 「はじめての ベスト」

1980年代を代表する女性歌手といえば、

「あなたは聖子派、明菜派、どっち!?」

というのが決まり文句。

正統派ブリッコの 松田 聖子と

ちょっぴり悪ぶった 中森 明菜、

人気も実力も拮抗した二大カリスマでしたが

ワルに憧れるお年頃、

私の周りでは明菜が圧倒的人気、

髪型を真似してみたり、下敷きに「明菜命」と書いてみたり・・・

まあみんな、純情だったんですね。




その中森 明菜さんの 「はじめての」 ベストアルバム、

「オールタイム・ベスト -オリジナル- 」

「オールタイム・ベスト -歌姫- 」

8月6日、二作同時のリリースが決定いたしました!

ワ~、パチパチ。

・・・とはいえ、

デビュー32年の明菜さん、

これまでに何枚もベストアルバムは出しているはず。

一体何が 「はじめて」なの? という方、

さすが お詳しい。

実は今度のアルバム、

「はじめての」 オールタイム・ベスト。

「オリジナル」は1982年のデビュー以来48作のシングルから

選りすぐった曲でCD二枚組、

そして 「歌姫」も同じく二枚組で、

人気のカバーアルバム「歌姫」シリーズからのベスト盤。

時代と歌手の枠を超え、明菜の好きな歌だけ集めた

「ベスト・オブ・ベスト」感動の四枚というわけなのです。

こりゃ大したファンでもない私でも要注目、

聴きごたえありそうですねえ。



Dscn2538_640x480



ところで今月、この「フェルトはん」作成にあたり

歌手の方の似顔絵を描くときは

その方の楽曲を聴き集中を試みた私、

チャゲアスならお二人の独特なうねり声、絶妙のハーモニー、

久保田 利伸なら「ファンキー」ソウル&グルーヴに身を任せ

世界に浸り気持ちを高めていたのですが

今回の明菜さんにいたってはCDも何も持ってない!

やむを得ずBGMは自演でまかなうことにした愚か者・トモコ、

「飾りじゃないのよ 涙は」「十戒」「北ウイング」と

気持ちよく歌い切りましたが

・・・う~ん。 なんか調子狂うんだよな。(←当り前!)

今回の明菜さん、

今ひとつ似ず、どうも調子狂っちゃってるのは

そういうワケです。 スマヌ スマヌ。

|

« フェルトはん 「はじめての エフワン」 | トップページ | フェルトはん 「はじめての そうめん ふたたび」 »

フェルトはん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1631345/56615722

この記事へのトラックバック一覧です: フェルトはん 「はじめての ベスト」:

« フェルトはん 「はじめての エフワン」 | トップページ | フェルトはん 「はじめての そうめん ふたたび」 »