« フェルトはん? 「片岡千恵蔵」 | トップページ | フェルトはん 「野口さんより愛してる!」 »

2014年2月27日 (木)

フェルトはん 「ヅカずら?そうずら。」

2月も残すところあと2日。

「フェルトはん」強化月間と称し

毎日更新に奮起して参りましたが、

今月は節分、バレンタインデーという恒例行事に加え

ソチオリンピック、東京都知事選挙という大イベントもあり、

ネタに事欠くことなく今日までたどり着けました。ホッ。

(そのわりには『フェルトはん?』なる

名前しか知らぬ方の似顔絵を勝手にでっち上げたりして

やりたい放題、乱暴狼藉。謝罪させてもらいます。スミマセン)

さあ残り2日、

気を取り直し、しまっていこう。




これまでタレント、政治家、アイドル、スポーツ選手と

様々なジャンルの方のフェルト似顔絵を発表してきましたが

タイトル、題材となる人によって

そのアクセス数の差のあることといったら。

なかでも顕著なのがジャニーズ。

今月は関ジャニ∞、Sexy Zoneに触れたところ

ファンの皆さん、

こんな弱小ブログまでキッチリとチェックなさるようで

アクセス数はうなぎ上り。

(ジャニーズファン、すげえな) 舌をまいたものです。




ジャニーズ、女性アイドル、永ちゃん、阪神タイガース・・・

彼らスターを取り巻く、もはや宗教と呼んでもいい

熱烈ファンの集団。

(おそろし) 顔をしかめたところで、アッ もう一つ!

忘れちゃならぬ関西には独特の世界観で

何世代もの女たちを虜にしてきた

あの集団が鎮座ましましているのでした。

宝塚歌劇団です。




私の大好きな映画 「スクール・オブ・ロック」では

主人公のダメダメロッカー・デューイが

「One great rock show can change the world.」

(たった1回のすげえロックショーが世の中を変えるんだ)

力説していましたが、

ロックじゃなくともすげえショーは人の心を揺さぶるもの。

「親に連れられ、たった一度観た演劇やコンサートが

私の人生を変えた」 と語る俳優や歌手は多いようで

タカラジェンヌも然り。

「初めて観た舞台に感激し、宝塚音楽学校受験を決意した」

これは「宝塚あるある」ではないでしょうか。




実は私も一度だけ、宝塚大劇場での観劇経験あり。

1992年、涼風真世さんトップ・天海祐希さん準トップの

月組公演 「PUCK」を妹・千代子と観に行ったのですが

席は後方、周囲のオバちゃんはペチャクチャおしゃべり、

華やか過ぎる舞台上と我ら後方席との温度差がありすぎ

なんとも不完全燃焼の思いで帰宅。

「One great ZUKA-show can change Tomoko's world.」

というわけにはいかなかったのでした。




以来宝塚にはなんの興味も示さず生きてきた私ですが、

いつだったか雑誌のページで見かけ

(アッ、この人 素敵!) 心ときめいたのが

当時月組・準トップスターだった 明日海りおさん。

ふっくらした頬、潤んだまなざし、優しくあたたかな微笑み。

爆発的な人気を誇り、私も好きだった

天海祐希さんを彷彿させるではありませんか。



Dscn2153_640x480




(この人、いい。ゼッタイ売れる!) 直感した私。

だからといって観劇に出向いたり応援したりすることは

なかったのですが、

その後月組から花組に異動なさった明日海さん、

今年5月にはトップに就任し

宝塚歌劇100周年のレビューを飾るというからお目出度い。

(オオー、予感的中。

私もなかなか先見の明、あるんじゃないの!?)

ひとり鳩の如く胸を張った私ですが、なあに、

準トップを務める方はトップにまで上り詰めるのが当たり前、

既に相当な人気者なのです。

先見の明でもなんでもない、常識なのでした。

これ以上書くとヅカファンに馬鹿にされるからもう止めよう。

それでは皆さま、ごきげんよう~。

|

« フェルトはん? 「片岡千恵蔵」 | トップページ | フェルトはん 「野口さんより愛してる!」 »

フェルトはん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1631345/55111364

この記事へのトラックバック一覧です: フェルトはん 「ヅカずら?そうずら。」:

« フェルトはん? 「片岡千恵蔵」 | トップページ | フェルトはん 「野口さんより愛してる!」 »