« フェルトはん 「どっち? part2」 | トップページ | フェルトはん 「こんな顔もあるで~!」 »

2014年2月24日 (月)

フェルトはん 「レジェンド」

ソチオリンピックが閉会いたしました。

今回も悲喜こもごも、数々のドラマを生んだ17日間、

我らが日本選手団の成績は

金メダル 1個、銀 4個、銅 3個。

見積りよりは少ないですが、大健闘ではないでしょうか。

選手のみなさま、どうもお疲れさまでした。




それにしても、

五輪開催のたび幾度となく目にし、もう聞き飽きた常套句、

「オリンピックには魔物が住んでいた!」。

果たしてこの言い回し、外国でも同じなのでしょうか。

ニュースを見ていると メンタル面で弱い日本人、

五輪という大舞台で本来の力を出せずメダルを逃しショボン、

実況が例の文句を連呼する傍ら

堂々たる外国選手、良くも悪くも堂々と競技を終え

堂々と、もしくは棚ボタ的にメダル獲得、という図が

やけに目につきます。

ひょっとするとオランダやドイツでは

「オリンピック、ソー ラッキー!」

「五輪の棚には甘いケーキが載っている」等々

日本とは真逆の格言が存在するのかもしれません。

うーん。憎いような、うらやましいような・・・。




さて、オリンピック開催期間中は睡眠もよくとり、

ニュース・ダイジェスト番組は聞き流し、新聞も読み飛ばし、

はっきりいって興味ゼロ、国賊・トモコではありますが

自分なりにソチ五輪で最も印象に残った選手(MIP) を

選んでみました。 ワー、パチパチ。

さて、栄えなく名誉もない、トモコの選ぶソチ五輪MIPは

この方であります!



Dscn2152_640x480




「レジェンド」 葛西紀明選手です!

・・・「なあんだ」「予想通り」ですって?

そうでしょう そうでしょう。 でも、それでいいのです。

1998年 スキージャンプで男子団体が金メダルを獲った長野五輪、

メンバーから洩れた悔しさを燃料に 挑戦に次ぐ挑戦。

7度目のオリンピックでようやく獲れた銀メダルに感涙、

団体の力で掴んだ銅メダルに流した涙にまた感涙、

日本のテレビ観戦者はただ涙、涙でしたね。




個人ごとで恐縮ですが、

私のようにイイ年をして夢にもがいている者は

毎日ワラにもすがる思い、

「あきらめなければ夢はかなう」

「スピード時代の今、リミットは2年間。あきらめも肝心だ」

巷にあふれ返る名言・格言に一喜一憂、

何を信ずればよいのか、どうすればよいか、どうしたいのか、

見失い、溺れてしまいそうだったところに飛び込んで来た

葛西選手の朗報。 苦節の末のメダル二つ。

イヤア、嬉しかった。

我が事のように嬉しかったのです。

葛西選手、おめでとう!

そして月並みな言葉ですが、勇気と感動を ありがとう。





夢追い人よ!

自分を信じろ。

外野の声に耳を貸すな、

信ずる道を行け。

そうして自分だけの色のメダルを勝ち獲るんだ。

|

« フェルトはん 「どっち? part2」 | トップページ | フェルトはん 「こんな顔もあるで~!」 »

フェルトはん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1631345/55087987

この記事へのトラックバック一覧です: フェルトはん 「レジェンド」:

« フェルトはん 「どっち? part2」 | トップページ | フェルトはん 「こんな顔もあるで~!」 »