2018年3月 4日 (日)

お知らせ 


こんばんは。フェルト絵師・トモコです。

2012年からフェルト作家として活動を開始、

すべての作品たちを発表してきたこのブログ:

「増酉戌亥」ですが、

わたくし、ちょっと疲れました。

しばらくの間、制作およびブログを

お休みしたいと思います。



長い間お付き合いくださったみなさまには

心から感謝しております。

ありがとうございました。

近々またお目にかかれることを願いつつ

それではみなさま、

ごきげんよう~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フェルトはんオマケ 「先生がきたぞっ!」

こんにちは。

先の2月、頼まれもしないのに毎日更新いたしました

「サンリオフェア」。

実は、実はですね、

なんとしてもご紹介したいキャラがお一人、

いらっしゃるんですよ・・・。



Dscn5065_640x480


アラフォーのみなさま、ご存じでしょうか?

こちら、

「うちのタマ知りませんか?」「バイキン君」「レッツチャット」等で

一世を風靡したソニー・クリエイティブプロダクツが

1984年に生み出した名キャラクター、

「先生がきたぞっ!」内の

社会のヤマちゃん先生。




ほかにも「ガバチョ大王」こと校長先生、島田教頭をはじめ

数学のとう吉郎先生、美術のピカソ先生など

個性的な先生がいっぱい!






・・・おっとっと。

いくら好きだったとはいえ30年以上前のキャラに

どうしてこんなに詳しいかというと、

実は手元に現物があるのです。うっふっふ。

「先生がきたぞっ!」の缶ペンケース。

ふた部分で大きく主役を張るのは社会のヤマちゃん先生。

パカリとふたを開けると裏ぶたには

校長と教頭のイラスト、

中敷きのトレーにはその他8名の先生のイラストとなっており

一人一人じっくりイラストを見ていると楽しい楽しい。

ちなみに私の一番のお気に入りはやっぱり

社会のヤマちゃん先生で

「先生がきたぞっ!」シリーズには かなりハマりました。

いやあ。なつかしいですねえ。




*オマケのオマケ

この「先生がきたぞっ!」シリーズとほぼ同時期に

同じソニークリエイティブプロダクツから発売され

私がハマッていたのが

「やったあ はれたっ!」シリーズ。

雲から顔を覗かせたおひさまのポップなイラストで

(ちなみに「先生がきたぞっ!」グッズのすみっこにも

描かれているこのおひさま、

ふたつは兄弟キャラクターというわけです)

おなじみの缶ペンやらシャーペンやら、

いろいろ持ってました。

最初、このオマケはそちらにしようと思い調べてみたところ

画像はおろかウェブ上の記事、ニュースなど

なんと1件もヒットしない!

泣く泣くあきらめましたが、いやあ、残念でした。

けっこう人気あったと思うんだけどなあ、

「やったあ はれたっ!」。

どなたかご存じないですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月28日 (水)

フェルトはん 「ぐでたま」


2月28日。

泣いても笑っても本日最終日となってしまいました

独断独自の「サンリオフェア」。

さあ、最後に登場、

有終の美を飾るキャラクターはこちらです!



Dscn5064_640x480



ご存じ、でしょうか・・・?

2013年生まれ、

「ぐでたま」であります。



このぐでたま、

ゆでるもよし、焼くもよし、生のままでもよし。

いろんな調理法があるけれど

ぐでぐでやる気のないたまごなのだ、そう。

グッズでもやる気なく寝そべったぐでたまが

「あ~ だりぃ」だの「もう帰ってもいい?」だのと

ぐだぐだクダを巻いていて

平成生まれの現代っ子は大いに共感できるんでしょうが、

昭和生まれの勤勉者としては

イライラが募るばかり。

(カチリと殻を割られたからにゃ ぐでぐでせずに

さっさと焼かれて食われてしまえ。どあほう。)

悪態のひとつもつきたくなるってもの。

ま、しかし。

そんなダラけた卵、下手に食べたら

食あたりする恐れも大いにアリ。

となると調理法は十分に火を通した固焼きの目玉焼き、

でも固焼きはいまいち美味しくないよなあ・・・。

ああでもない こうでもない、

どうにも悩ましいキャラなのであります。




さて。

雪降る1日から小春日和の28日まで

丸1ヶ月、毎日更新し続けたサンリオキャラ。

個人的ランキングをもって修了とさせていただきたく存じます。

フェルト絵作成に一番手のかかったキャラは

ダントツで「パティ&ジミー」、

逆に一番楽にやっつけられたのは

「バッドばつ丸」、

そして一番好きなキャラは

今も昔も変わらずやっぱりの

「ザシキブタ」でした!

このひと月お付き合い下さいまして

どうもありがとうございました。

それでは皆様、ごきげんよう~!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月27日 (火)

フェルトはん 「ポムポムプリン」




こんにちは。

今月私・トモコが挑んでおります

ブログ&インスタ毎日同時更新の

「サンリオフェア」、

残すところあと2日となり

どうにかこうにか今回も完走のメドがつきました。

安堵のため息と

名残り惜しさの吐息、

まぜこぜでお送りします本日のキャラクター、

さあ、だ~れだ!?




Dscn5063_640x480




これは これは。

1996年生まれ、

「ポムポムプリン」でした!




今も大人気のポムポムプリン、

最近生まれたキャラかと思いきや

意外や意外、成人さんということにまずビックリ、

さらにプロフィールを見れば

こげ茶色のベレー帽がトレードマークの

ゴールデンレトリバーだと分かり二度ビックリ。

そうかあ。

私はてっきり、彼はプリンだと思っていました。

犬だと分かりショック!




毎年開催される「サンリオキャラクター大賞」では

1997年、それからブランクをはさみ

2015・2016年と連覇を達成し

三度も大賞に輝いたポムポムプリン。

昨年はシナモロールに王座を奪われたものの

キャラクターの王道を行くその愛らしさとゆるさ、

人気&実力は依然トップクラス。

今後の活躍がますます期待されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月26日 (月)

フェルトはん 「バッドばつ丸」


2月もあとわずか。

毎日独断独自でセレクトしたキャラクターをご紹介する

「サンリオフェア」、

泣いても笑っても残り3人となってしまいました。

(延長し2ヶ月間・60日連続更新とするのも

私の勝手なのですが・・・

それだけはごかんべん!)

さ、今日もいきますか。

本日のキャラクターさん、どうぞ!



Dscn5061_640x480





わ、・・・悪い!

逆立った髪、やぶにらみの眼、ひんまがった唇、

こりゃ相当のワルですぜ!




この悪党、その名もなんと

「バッドばつ丸」。

1993年生まれ、

その名前・その風貌といい、イメージカラーの黒といい、

パパはギャングのボスというプロフィールといい、

「ワル」を前面に打ち出した

品行方正なサンリオキャラの中では異端児中の異端児。

発売当時すでにサンリオキャラは卒業していた私ですが

さすがに文房具売り場でも目を引く存在に驚愕、

気にかけていたキャラクターです。

小中学生の女子といえば

ちょっとワルイものに憧れる敏感なお年ごろ、

人気もあったんでしょうねえ。

ただ「マロンクリーム」好きの子なんかは

見向きもしないキャラですね。




ちなみに同い年、1993年生まれには

チューチューターコ、カッパのカッピー、こぶたのピッポなど

10ほどのキャラが存在しますが

やっぱりバッドばつ丸が群を抜いての人気者。

キャラクター界も大変なんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月25日 (日)

フェルトはん 「おさるのもんきち」




早いもので2月も残すところあと4日、

オリンピックも今日でおしまい。

毎日ブログとインスタを同時更新する

「サンリオフェア」を勝手に開催中のため

制作に追われる日々、

4年に1度の冬季オリンピックも

ほとんど見られませんでした。(グスン。しかし自業自得だ)

オリンピックは閉幕しても

サンリオフェアはまだ続く。

しばしお付き合いくださいませ。

さあさあ、今日のご登場は・・・?



Dscn5062_640x480



ご存じかしら?

こちら1992年生まれの

「おさるのもんきち」。

ダジャレが大好きなサルの男のコで

日本の田舎にあるひくい山に住んでいるんだって。



年代順にキャラクターをご紹介してきた

我がサンリオフェアも

ついに1990年代に突入。

私・トモコも晴れて高校生となり、

周りの大人びた同級生に追いつこうと

FM802を聴き

ソニープラザに通い輸入雑貨に夢中になっていた時代。

さすがにサンリオグッズは卒業、

したがっておさるのもんきちの存在も

全く知りませんでした。

当時の小・中学生には人気あったのかなあ?






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月24日 (土)

フェルトはん 「けろけろけろっぴ」


こんにちは。

今月の独断独自「サンリオフェア」、

毎日大慌てで制作&撮影&ブログにアップ、

自転車操業でがんばっております。

(あと5日の辛抱だ。耐えろ、トモコ!)

さあ 今日ご紹介のキャラは

アラフォー世代にはたまらぬあのお方ですよ・・・




Dscn5060_640x480




おお~!

ご存じですか?1988年生まれ、

「けろけろけろっぴ」です!




ドーナツ池の島にある「けろけろハウス」に

お医者さんのお父さん、レストランを営むお母さん、

お姉さんのぴっき、弟のころっぴと5人で暮らす

けろっぴくんは冒険好きで元気いっぱい!

ドーナツ池の人気者なんです。




「ゴロピカドン」「ハンギョドン」に続いて

この「けろけろけろっぴ」も超ド級の人気者。

グッズが発売されるや

筆箱に始まりえんぴつ、消しゴム、定規、下敷き、

ノート、メモ帳、小物入れ、ハンカチ、はなかみ・・・

ありとあらゆる身の回り品を

「けろっぴ」に買い替えて

満足そうなクラスメートもいましたっけ。

従来にはなかった

鮮やかな緑のテーマカラー、

「カエル」キャラが斬新そのもの、

私も消しゴムやメモ帳などいろいろ持ってました。




*キャラあるある

当時なぜかキャラクターグッズで必ず販売された

メモ帳。

「使うあてもないのについつい買ってしまい

使いきれず結局押し入れにしまいこむ」

これ、あるあるだと思いません?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月23日 (金)

フェルトはん 「ハンギョドン」




こんにちは。

連日お届けしておりますサンリオフェア。

今月もあとわずか、

贔屓のキャラがなかなか登場しないので

ヤキモキされてる方もいらっしゃったりして。

さあ、ご紹介できるのは今日を含めあと6人。

あの子かな?この子かな・・・?



Dscn5059_640x480



出たあ!

1985年生まれ、「ハンギョドン」です!

昨日登場、82年「ゴロピカドン」とは

Wドンドン、

こちらも大人気を博したハンギョドンですが

今一度そのプロフィールをおさらいしてみましょうね。



中国生まれの半魚人。

人を笑わせることが得意。

でも実は、さびしがり屋のロマンチスト。

好きなものは冷やし中華、エビセン、鍋物、温泉。

そして皆さま驚くなかれ、この仲良しのタコ、

名前はなんと、さゆりちゃん!



いやあ。

これまで食べ物、乗り物、泥棒と

自由自在にキャラを作り続けてきたサンリオですが

まさかの半魚人!伝説の生物!

にもかかわらず

このポップな色合い、親しみやすさ。

もはや異次元の新キャラ登場にどよめいたのは

乙女だけではなかったはず。

ハンギョドン、たあ坊、ザシキブタ、ブーギーウーに

マロンクリーム、ラナバウツ・・・

綺羅星のごとくキャラが誕生した80年代中盤、

あのころのファンシーショップは

ディズニーランドより夢が溢れていました。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月22日 (木)

フェルトはん 「ゴロピカドン」


2月も残すところわずか7日。

毎日更新、この「サンリオフェア」もラストスパート、

さあ今日もいきまっせ。

本日のキャラクターさん、どうぞ~!




Dscn5058_640x480




ご存じでしょうか?

1982年生まれ、「ゴロピカドン」です!




かみなり歴53年14月25日、

カミナリの国で生まれた

雨が嫌いなやんちゃな三つ子。

長男は青い髪のゴロ、ひょうきんで食いしん坊。

次男は緑の髪のドン、まじめできちょうめん。

末っ子はピンクの髪のピカ、甘えん坊でひっこみ思案。




当時私の周りでは爆発的人気を誇った

ゴロピカドン。

文房具はもちろんのこと、グッズもいろいろ出てました。




ゴロピカドンにしても先日のブーギーウーにしても、

ネーミングセンスといい、キャラの設定といい、

3人それぞれの色遣いといい、

(サンリオって本当に「トリオ」が上手いな!)

ほれぼれしてしまいます。

色とりどりの楽しいキャラについ飛びついてしまいますが

この「トリオ」もの、

刺繍する側にとっては地獄。

人数が多い分 画像は3倍せせこましく、

手間も3倍、時間も3倍、もちろん疲労も3倍ときた。

いやはや、疲れました・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月21日 (水)

フェルトはん 「マロンクリーム」




今月は毎日インスタグラムと同時更新:

自転車操業でお届けしております

サンリオフェア。

キティちゃん、キキララといった不動の人気キャラに始まり

乗り物、食べ物、泥棒まで飛び出した花の’84年組、

和風キャラに続いたのは驚愕のトレンディギャルと

もはや着地点は予測不可能。

選者&作者の私が言うんだから間違いありません。

それでもめげずに行ってみましょう、

本日のゲストはこの方です!



Dscn5057_640x480



おうおう。

この愛らしさ。この初々しさ。

これぞサンリオキャラクター。

可愛いこの子は 「マロンクリーム」、

フランスのパリ郊外で生まれたウサギの女のコ。

リセ(フランスの学校)に通う

お菓子づくりや手芸がお得意な、

とってもオシャレさんなのだそう。

ちなみに生まれは1985年、

昨日ご紹介した「トレンドセッターズ」と同級生。

ムム・・・

この2組、話合わなさそう!



はにかんだ表情、可憐なお洋服、繊細な線、

何もかもが乙女チックな

マロンクリーム。

当時のクラスの中でも

おとなしくて優しそうで家庭科が得意な女の子たちが

好んで持っていた印象で

派手好きな私とはご縁がなかったですねえ。

まだ十歳かそこらなのに

文房具一つとっても趣味や性格が滲み出る、

人ってほんとにおもしろいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«フェルトはん 「トレンドセッターズ」